撮ろうぜ!サイコーの卒業写真

せっかくの卒業旅行、“ひとあじ違う”旅にしたい!!!…なので、旅のテーマは「沖縄で、暮らすみたいに遊ぶ」!沖縄の古民家を貸し切って、地元のおばあから野菜買って、自分たちで料理して、泡盛飲んで、三線弾いて…。島人(しまんちゅ)になったみたいで、すげー楽しくない?
沖縄の古民家に泊まっちゃったり 沖縄料理作ったもんね ひと足お先に海&アイス 沖縄版タイムカプセル 最後はやっぱりカチャ~シ~
沖縄の古民家に泊まっちゃったり
沖縄の古民家に泊まっちゃったり
沖縄の古民家に泊まっちゃったり
沖縄の古民家に泊まっちゃったり
沖縄の古民家に泊まっちゃったり

canac [国頭村]

築100年以上経っている木造赤瓦葺きの古民家を移築した宿。門をくぐれば、玄関はなく、縁側からそのまま家の中へ。沖縄の古民家は人の気配をつねに感じていようとするかのように、外と中、部屋と部屋の区別があいまい。すべてがゆるやかにつながっている。縁側で日なたぼっこをしたり、食材をみんなで買い出して作ったり。鳥のさえずりで目覚めたら、島ぞうりをつっかけて海へいくのもいい。昔ながらの島暮らしを堪能しよう。

くわしく見る

沖縄料理作ったもんね
沖縄料理作ったもんね
沖縄料理作ったもんね
沖縄料理作ったもんね
沖縄料理作ったもんね

本部町営市場 [本部町]

地元の人々の台所として長年親しまれてきた市場。観光客向けじゃない、素朴でローカルな雰囲気を存分に楽しめる。この一角にある青果店では、おばあ達がおしゃべりに花を咲かせながら、ゴーヤーや島ニンジンなど地元の採れたて野菜を販売。他にも麩や鰹節など沖縄料理に必要な食材を手に入れることができ、魚のすり身から作る天ぷらも美味。のんびりとした店番のおばあにレシピを聞き、実際に作ってみるのも卒業旅行の思い出に。

くわしく見る

ひと足お先に海&アイス!!
ひと足お先に海&アイス!!
ひと足お先に海&アイス!!
ひと足お先に海&アイス!!
ひと足お先に海&アイス!!

アイスクリンカフェ 夕覧舟

[本部町]

沖縄北部の夏の風物詩といえば、〝アイスクリン"と呼ばれる路上アイス。そのアイスクリンの基幹店になるのが、この店だ。シーサイドに立つお城のようなカフェは、建物から庭まですべてオーナーの手作り。2階に足を踏み入れると、本部の空と海を360度のパノラマ風景で楽しむことができる。フレーバーは全部で14種類。なかでも、タンカン、シークヮーサー、サトウキビなど沖縄ならではのフレーバーはやみつきになる美味しさだ。

くわしく見る

沖縄版タイムカプセル
沖縄版タイムカプセル
沖縄版タイムカプセル
沖縄版タイムカプセル
沖縄版タイムカプセル

金武鍾乳洞の古酒蔵 [金武町]

卒業記念にみんなで泡盛をボトルキープするのなら、金武鍾乳洞へ。ここは、龍神信仰の発祥地として古くから人々が祈りを捧げたパワースポットであり、日本初の古酒蔵でもある。洞内の気温は四季を通じて18℃とほぼ一定。そんな天然の貯蔵庫で寝かされ静かに熟成を重ねた泡盛は、まろやかで味わい深い古酒(くーす)に! 泡盛が苦手な人にも好評だという。ボトルに、それぞれの夢や願いを託したお札をかけて、その日を楽しみに待とう。

くわしく見る

最後はやっぱりカチャ~シ~
最後はやっぱりカチャ~シ~
最後はやっぱりカチャ~シ~
最後はやっぱりカチャ~シ~
最後はやっぱりカチャ~シ~

酔ぃーちゃー家 あかがーら

[那覇市]

沖縄家庭料理を味わいながら島唄ライブを楽しみたいなら、迷わずこの店に。築70年以上の木造・赤瓦の古民家を改装した店内は、どこか懐かしくレトロな空間。おばあの味を再現した料理もやさしい味で、ほっこりとくつろいでしまう。三線の達人による島唄ライブは一日2回でチャージ無料!リクエストにも応じてくれるので、卒業記念に1曲頼んで、みんなで一緒に唄ったりカチャーシーを踊ったりしてとことん盛り上がろう!

くわしく見る


沖縄の古民家に泊まっちゃったり 沖縄料理作ったもんね ひと足お先に海&アイス 沖縄版タイムカプセル 最後はやっぱりカチャ~シ~