家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅 家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅

わー!
すごーい!

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅

 初めての沖縄旅行。両親も誘って3世代で行くことに。せっかく皆で行くんだから、誰かが退屈なんて風にはしたくない。皆が楽しめる場所ってどういうところだろう。
 冬でも暖かい沖縄だから、外で過ごす時間をたくさん作れそう。マリンスポーツなんかのハードなアクティビティはじぃじたちには難しいから、散策がいいかな。子どもたちは自然観察が大好きだしね。家族の一体感を生むには体験ものなんていいかも!世代問わずの旅行の醍醐味は、やっぱり食。地元の美味しいものは食べなきゃね。
 じぃじもばぁばも一緒の、皆で楽しんだ旅の思い出は、きっと人生の宝物になるね。

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル
  • 家族旅「沖縄旅」第35回 沖縄花のカーニバル

一面の花畑から珍しい花、花の造作物まで、
バリエーション豊かに花を楽しむ

 県内各地で48ヵ所もの関連施設やイベント会場があって、開催期間も約4ヵ月と長いイベント“沖縄花のカーニバル”。皆それぞれ、好きな花が見れる場所を選んで見てきました。
 まずは息子の好きな花、ひまわり。その会場に着くと、太陽に向かって綺麗に咲き誇るひまわり畑に「あれ?ひまわりって夏に咲くんじゃないの?」と息子から知的な質問が。お次は、別の会場でばぁば希望のブーゲンビレア。色とりどりのブーゲンビレアを積み上げた“ブーゲンマウンテン”は、圧観でした!途中、珍しいもの好きのじぃじは「幻の花“イルカンダ”も見たいから4月にも来ようか」なんて言い出して、相当楽しかった様子。
 全員の希望を回った最後には、素敵なプレゼントが当たる“フラワーラリー”にも参加。フラワーラリー対象24施設のうち2ヵ所を回り入場券や500円以上のお買い物レシートを2枚集めて簡単に応募。全員でわいわい応募してきました。

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染
  • 家族旅「沖縄旅」首里琉染

沖縄でココだけの“サンゴ染め”体験

 子どもにもできるけど、大人も満足できる体験ってないかな~と見つけたのが、サンゴの自然な模様を写しだす“サンゴ染”。採集が禁止されてしまった今、サンゴ染めができるのは、唯一“首里琉染”だけ。首里琉染では浜に打ち上げられたサンゴを、40年間大切に使っているんだそう。
型となるサンゴは大小様々あって、配置も色も自分で決められるし、色の濃淡も調整できるんです。子どもたちは、Tシャツ全体を子どもらしく賑やかに染めてました。大人は、グラデーションという技も使いながらも、小さめのサンゴでシンプルに。
 染物なんてハードルが高いかなと思ったけど、お手玉のような巾着(タンポ)でスリスリこする繰り返しで、皆が無理なく出来ました。

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂
  • 家族旅「沖縄旅」ななほし食堂

自家製豆腐をつかった、
沖縄の家庭料理が味わえる食堂

 じぃじ、ばぁば、子どもたち、我が家皆が大好きなお豆腐。沖縄のお豆腐料理もあれこれ食べたくて探したのが、自家製豆腐が評判の“ななほし食堂”。
 子どもたちはフワフワなお豆腐が食べてみたいと、おぼろ豆腐に似たゆし豆腐を。娘が「このお豆腐、雲みたーい!」とそっとスプンで食べてる横で、息子は「このお豆腐、とっても柔らかいよ〜!飲めちゃう〜」とゴックン(笑)。ゆし豆腐のスープの味は、そば出汁か味噌味が選べるのも良かったな。ソーキ汁を注文したばぁばは、「お肉もお野菜もゴロゴロ入ってるのがいいわね、それにお出汁がしっかりでコク深いお味」と絶賛。
 店奥には広めのお座敷があって、大人数でもゆったりと食事がとれました。

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅
家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ
  • 家族旅「沖縄旅」与那覇前浜ビーチ

東洋一の美しさを誇る、
まるでアートな絶景ビーチ

 「東洋一とは大げさな」なんて、じぃじと話しながら向かった宮古島の前浜ビーチ。着いてみると、その現実離れした美しさに皆びっくり。じぃじも私もすぐに前言撤回(笑)。
どこまでも青く透明度の高い海と、全長7キロもあるという白い砂浜の景色は、とてつもなく大きな絵画のよう!透明度が抜群なのは、島には土砂が流れこむ川がないからで、砂が白いのは、風化した珊瑚が砂になっているからなんだって。
 息子はパウダー状の砂を気に入り、海でなく砂にダイブ(笑)。娘は急に走りだし、二人とも大はしゃぎ。対岸にある来間島の竜宮城展望台からもビーチを眺め、長〜い砂浜の全体像も目に焼き付けてきました。

家族旅「沖縄旅」三世代みんなの思い出に残る旅