Vol.3 沖縄ミックスカルチャー大満喫たび♥

恋の島、沖縄。Vol.3 沖縄ミックスカルチャー大満喫たび♥

体験したことのない沖縄を探しに行こう!

プロローグ雑貨が大好きな私と、美味しいものに目がないサユリ。
文化系女子のふたりが、秋の旅行先に選んだのは沖縄。
沖縄はリゾートや自然だけじゃなく、
カルチャーもおもしろい、という話を聞いたから。
沖縄カルチャーってどんなだろう?楽しみ!

「沖縄は何度も来ているし、もう知っている」なんて思っていませんか?

沖縄の文化は奥深いもの。
「これって何!?」「こんな食べ物があるの?」
なんて発見が、まだまだたくさんあります!
そんな沖縄のカルチャースポットをご案内します!

 1372年、明(中国)との間に朝貢貿易がおこなわれるようになって以来、中国や日本、朝鮮さらに東南アジア諸国との交易を通じてさまざまな文物がもたらされ、文化の発展に多大な影響を与えました。今に伝わる織物や焼物などもその頃に伝わったといわれています。戦後はアメリカ文化の影響を強く受けるなど、琉球王国時代から、さまざまな国の影響を受けて形成され、守り受け継がれてきた沖縄の文化。野菜や豆腐などいろいろな食材を混ぜ合わせ炒める沖縄料理「チャンプルー」になぞらえ、「チャンプルー文化」とも呼ばれています。時代とともに新たな文化を築き続ける街。自由な発想と創造力で新しい器を生み出す若き陶芸家や染織家など。その精神は現在も変わらず、伝統を生かしながらも、常に新しいものを生み出し、進化し続けています。今回はそんな沖縄のミックスカルチャーを感じる旅へ、ご案内いたします。

おきなわいちば

『おきなわいちば』は沖縄の日常の中の「素敵なこと」を丁寧に伝え、「つくる人」と「食べる人」をつなぐ、暮らしと食のマガジンです。

おきなわいちば写真

発行/光文堂コミュニケーションズ
定価/500円
3・6・9・12月の5日発売

詳しくはこちら

カワイイを見つけに古くて新しい琉球クラフトめぐり。

今、沖縄の個性的な若手作家さんが大注目です!

やちむん

沖縄では焼物のことを「やちむん」と呼んでいます。沖縄を代表するやちむん「壺屋焼」は1682年、琉球王府の命により、美里村(現沖縄市)の知花、首里の宝口、那覇の湧田にあった窯場を現在の那覇市壺屋に統合したのが始まりです。王府は国をあげて陶工の養成や陶器産業の振興に力を注ぎました。そうした長い歴史を経て、素朴で力強い、独特の造形美と伝統が高い評価を受け、人間国宝の金城次郎氏を生み出すまでになりました。現在、沖縄のやちむんはその伝統が受け継がれる一方で、伝統工芸に新たな発想を取り入れた、若手陶芸家達による個性豊かで斬新なアイデアのやちむんが生まれています。

mofgmona no zakka(モフモナノザッカ)

人気カフェ「モフモナ」の3階にある、沖縄の焼物やガラスの器などをメインに揃える雑貨店。店主自ら工房に通い作家さんや作品の雰囲気を感じつつセレクトした、およそ30名ほどの作家の作品が店内に並んでいます。注目の若手作家をチェックするならここです。

モフモナノザッカ写真

住所/沖縄県宜野湾市宜野湾2-1-29 301
TEL/050-7539-0473
営業時間/14:00~20:00
休日/月~木曜日
料金/長浜大志作・カーチベー4寸マカイ1785円、多賀橋明美作・箸置き525円(鍵630円)

詳しくはこちら

琉球紅型

「琉球紅型」は沖縄を代表する伝統的な染織技法の一つです。琉球王国時代、主に王族や士族の衣装として染められていました。発祥については定かではありませんが14~15世紀頃といわれ、インドやジャワ更紗の技法や中国の型紙、日本の友禅染などの技法を取り入れるなど、王府の庇護のもと、沖縄独自の気候風土に培われ発展してきたといいます。その鮮やかな美しさは「世界で最も美しい民俗衣装の一つ」と評価されるほどです。現在、その紅型の技法で描いたアート的な作品が人気です。紅型染のTシャツやシューズ、小物やインテリア雑貨などさまざまな商品も生まれ、新たな琉球紅型の魅力を伝えています。

紅型雑貨 虹亀商店

紅型手染めTシャツや子供服、小物、雑貨、照明など。紅型アーティスト・亀谷明日香さんが描く、ポップな紅型イラストが人気の雑貨店。グラデーションの鮮やかなイラストが灯りに浮かび上がる「琉球あんどん」や「紅型表札」は贈り物にもおすすめです。

紅型雑貨 虹亀商店写真

住所/沖縄県南城市知念字吉富サウジ原335-1
TEL/090-8293-1138
営業時間/11:00~17:30
休日/木・日曜日
料金/太陽の子ロンパース4800円より、琉球あんどん1万500円~1万2600円、紅型表札2万8000円より

詳しくはこちら

琉球張り子

「琉球張り子」は17世紀に日本本土から伝わり、首里の上級士族の子共達のために作られていたといわれています。明治以降は庶民の間にも広まり、旧暦5月4日の「ユッカヌヒー」(今でいうところの子供の日)の玩具市では、我が子が元気に育つようにとの願いをこめ、親が買い与える縁起物として親しまれていました。ウッチリクブサー(起き上がり小法師)や鯉乗り童子、チンチン馬小(馬乗り)など、今でも少数ですがその伝統と志を受け継ぎ、琉球張り子を作り続ける職人たちがいます。豊永盛人さんもそのひとりで、その独創的でかわいい、ユーモアたっぷりの張り子が人気です。

玩具ロードワークス

沖縄の伝統玩具・琉球張り子作家の豊永盛人さんは、沖縄の古典的な柄の張り子をはじめ、豊永スタイルのオリジナル作品も創作。店内には色あざやか張り子以外にも、Tシャツやカルタなど、遊び心いっぱいの作品が並び、子供だけではなく大人も虜にしています。

玩具ロードワークス写真

住所/沖縄県那覇市牧志3-6-2
TEL/098-988-1439
営業時間/10:00~18:00(月曜は~17:00まで)
休日/日曜日
料金/琉球雛5250円、玉のりウサギ1680円、沖縄おもしろカルタ1575円

詳しくはこちら

金細工

「金細工(くがにぜーく)」とは銀などを素材に作られる装飾品。ジーファー(かんざし)、房指輪、結び指輪などが現代に伝わっています。ジーファーは身分の違いにより素材が異なり、王族は金、士族は銀、平民・農民は真鍮・木・べっ甲などの素材が使われていたといいます。当時は多くの金細工職人が守礼門の近くで工房を構えていたそうです。現在、その伝統を守り続けている唯一の工房が「金細工またよし」です。1059年、琉球王府の命により唐に留学し、錺職の技を修めた初代から数えて7代目にあたる又吉健次郎さんが、毎日、ひたすら銀を打ち、ひとつひとつ丁寧に作品を作り続けています。

ci.cafu(チ・カフー)

琉球王朝時代から伝わる「房指輪」は七つの飾りが付いた婚礼指輪。末広がりの幸せを願う扇や、長寿を表す亀など、嫁ぐ娘の幸せを願い贈られてきたもの。その伝統工芸の金細工をモチーフにアレンジした喜舎場智子さんのジュエリーは、モダンな可愛らしさが評判です。

チ・カフー写真

住所/沖縄県那覇市首里儀保町3-9-1
TEL/098-886-8093
営業時間/11:00~19:00
休日/月~金曜日(祝日は営業)
料金/房指輪4万2000円、ピンブローチ・1万4700円より

詳しくはこちら

アメリカンカルチャーが生まれた街へ!

アメリカだった頃のおもかげが今も残っています。

日本初のショッピングセンターが
沖縄にあるんです。

「プラザハウスショッピングセンター」は1954年、アメリカ統治時代に、駐留する米国人の贅沢なアメリカンライフスタイルのニーズを叶えるために誕生した、日本初のショッピングセンターです。各国の美食家たちを満足させるレストラン、社交にふさわしい装いをそろえるブティック、そして情報と知性のアンテナとなる洋書専門店。当時は、将校たちの高級車が並び正装した人々でにぎわう、まるで映画のワンシーンを切り抜いて映し出したような県民憧れのスポットでした。現在でもその異国情緒あふれる雰囲気はそのままに、世界各地のブランド品ほか、琉球伝統工芸品、飲食店などさまざまな42の専門店が並びます。また、初代料理人から受け継がれた秘伝のレシピやノスタルジックで優雅な当時のままの内装など、創業当時から沖縄初の本格広東料理店として確固たる地位を誇る「月苑飯店」も一見の価値ありです。

プラザハウス ショッピングセンター

「ユニークな感動を」と掲げるコンセプトのもと、ショップで日々お客さんをもてなすスタッフが、直接パリやミラノ、サンフランシスコで買い付けてきた商品が豊富にそろいます。ヨーロッパのものづくりの現場が透けて見えてくるような旬で上質な品々。各都市のデザイナーとの交流によって沖縄の伝統工芸をモードに昇華させたオリジナル商品も世界的に話題を呼んでいます。

プラザハウス ショッピングセンター写真

住所/沖縄県沖縄市久保田3-1-12
TEL/098-932-4480
営業時間/10:00~20:00(各ショップにより異なります)
休日/無休

詳しくはこちら

週末は沖縄のディープタウン
コザの街へ

戦後、米軍基地の門前町として栄え、今も嘉手納基地のゲートへと延びるコザゲート通り(沖縄市)には、インド人の経営するヒップホップ系ファッションのお店やクラブ、バー、外国人向けカラオケ店など英文字標記の店が並び、行き交う外国人とともに独特の雰囲気を作りだしています。特に毎月1日と15日のペイデイ(給料日)後の週末の夜はにぎわいをみせ、まるで外国にいるかのような錯覚に。そんな米兵達に交ざってハードロックガンガンのバーやライブハウス巡りを楽しむのもおすすめです。自分達だけではちょっと不安という人には、「ライブハウスはしごガイド」など、魅力的な体験ツアーを開催しているコザの街の観光案内所「コザ・インフォメーションセンター」を利用するのもおすすめ。

コザ・インフォメーションセンターのサイトへ

ライブハウス JET

オキナワンロック全盛の頃から活動を続けるバンドが大人気の、コザゲート通りの老舗ライブハウス「JET」。ライブは60~70年代のアメリカンクラシックロックが中心。外国人ファンも多く、誰もが認めるテクニックで、往年の骨太でタイトな演奏を聴かせてくれます。

ライブハウス JET写真

住所/沖縄県沖縄市中央1-10-3
TEL/098-938-4788
営業時間/21:00~1:00
休日/日~木曜日
料金/ライブチャージ無料

宜野湾市大山のファニチャー通り

宜野湾市大山の国道58号線沿いには米軍施設やアメリカ領事館などで使用されてきた家具(軍放出品)をリペア、リメイクして販売するアメリカ中古家具店やアンティーク雑貨、インテリアショップなどが建ち並ぶ、通称「ファニチャー通り」があります。レトロなアメリカ家具をはじめ、ショップによっては、将校クラスが使っていた高級家具や米陸軍が野戦で使用するために作られたデスクなどもあります。その品揃えの豊富さとリーズナブルな価格で、全国から家具好き、雑貨好き、アンティーク好きな人々が訪れています。

STOMP

ヴィンテージインダストリアル家具・雑貨、ヴィンテージウェアを中心にアメリカやフランス、ドイツ、スペインへ直接足を運んで仕入れた商品が並んでいます。その隣にはアメリカンアンティーク家具や北欧家具、雑貨を扱う姉妹店「RAGGED GLORY」もあります。

STOMP写真

住所/沖縄県宜野湾市大山1-5-23
TEL/098-897-5541
営業時間/11:00~20:00
休日/水曜日
料金/アンティークのスプーン1本1470円より

詳しくはこちら

おいしいを探しておきなわグルメめぐり。

山羊(ヒージャー)汁やイラブー汁にも挑戦してみましょう!

タコライス!

タコライスは、お皿に盛ったごはんの上にタコミート、チーズ、レタス、トマトを載せ、サルサソースをかけて食べる、メキシコ料理のタコスをアレンジした料理です。1984年に金武町の「パーラー千里」「キングタコス」の創業者・儀保松三さんが、円高に苦労する米兵のために、安くてボリュームのある新メニューとして考案したのが始まりです。

パーラー千里

金武町の米軍基地キャンプハンセンの第一ゲート前にある、タコライス発祥のお店。「タコライスチーズ野菜」はかなりのボリュームで米軍人も納得のおいしさ。本場のタコライスを食べるならここです。もちろん普通の「タコス」に「ジャンボタコバーガー」なんてメニューもあります。

パーラー千里写真

住所/沖縄県国頭郡金武町字金武4257-1
TEL/090-1947-1684
営業時間/10:30~22:00
休日/無休
料金/タコライスチーズ野菜600円

山羊汁!

沖縄の人でも好き嫌いがはっきり分かれるのが山羊料理。その野性味あふれる臭いが苦手という人もいますが、近頃の山羊肉は臭みが少なく、初めての人でもその奥深い味わいを楽しむことができます。沖縄では医食同源の習わしどおり、山羊もまたヒージャーグスイ(山羊薬)として貴重な栄養補給源。食べ慣れるとこれほどおいしく栄養のある料理はありません。

山羊料理 さかえ

創業47年を迎えるさかえの山羊料理は丁寧な下処理でクセがあまりなく、初心者でもおいしく頂けます。ほかにも山羊肉をニンニクで炒めた「山羊いため」や「山羊みそ煮」もおすすめ。お母さんとその娘さんの明るく陽気な人柄に通いつめるお客さんでいつも賑わっています。

山羊料理 さかえ写真

住所/沖縄県那覇市牧志3-12-20
TEL/098-866-6401
営業時間/15:00~23:00
休日/日曜日(不定休)
料金/山羊汁1300円、山羊さしみ1300円

イラブー汁!

「イラブー汁」は、エラブウミヘビの燻製を使った宮廷料理です。手間と時間をかけて戻し、煮込んでダシをとり、具にイラブーや昆布、島どうふなどが入っています。薬用効果があるとされ、昔から産後、病後などの滋養料理として食されてきました。血の巡りが良くなることから身体が温まり免疫力が高まり、昔から年に2回食べると風邪もひかないといわれています。

食事処 とくじん

神の島ともいわれる久高島の港近くにある郷土料理店。500年以上の歴史を誇る久高島のイラブー漁と燻製技術。かつては神人のみに漁が許されていたエラブウミヘビの燻製「イラブー」を使った伝統料理「イラブー汁」や、島の特産品である海ぶどうを使った「海ぶどう丼」などが味わえます。

食事処 とくじん写真

住所/沖縄県南城市知念字久高238
TEL/098-948-2889
営業時間/11:00~15:00、17:00~22:00
休日/不定休
料金/イラブー汁1500円

ぶくぶく茶!

「ぶくぶく茶」は木鉢(ブクブクー皿)に煎り米を煮出した湯とさんぴん茶・番茶(または清明茶)を入れ、大きな茶筅で泡立て、その泡を少量の赤飯の入った碗にソフトクリームのように盛り、煎った落花生をトッピングしたものです。その発祥は諸説ありますが、18世紀の初め頃に中国の冊封使のおもてなしに、または明治の頃にはお祝いの席でも飲まれていたといわれています。

うちなー茶屋 ぶくぶく

壺屋やちむん通りの路地裏、「東ヌ窯」の隣にある、元はラジオ局だったという築60年余りの趣ある瓦屋の建物。店内は風通りもよく、自然光の陰影が落ち着いた雰囲気をつくり、のんびりとした時間が過ごせます。手づくりのちんすこうと共に、沖縄伝統の「ぶくぶく茶」を楽しんで下さい。

うちなー茶屋 ぶくぶく写真

住所/沖縄県那覇市壺屋1-28-3
TEL/098-861-2952
営業時間/10:00~18:00(LO.17:30)
休日/不定休
料金/ぶくぶく茶800円
※入店小学生以上より

詳しくはこちら

秋も魅力的なイベントがいっぱい!

恒例のお祭りに、陶器市も開催されます。

第43回 那覇大綱挽まつり

初日は那覇市の国際通りで各種サークル・地域団体・伝統芸能保存会による市民演芸・民俗伝統芸能パレードが行われます。2日目は勇壮な旗頭行列が国際通りを練り歩き、ギネス認定を受けた全長186m・総重量40.22t・直径1.58mの世界一の大綱挽が、国道58号線久茂地交差点を中心に盛大に行われます。

日時/10月12日(土) 14:00~18:30/市民演芸・民俗伝統芸能パレード
10月13日(日) 11:30~17:00/旗頭行列・那覇大綱挽
10月12日(土)~14日(月) 11:00~20:30/RBC市民フェスティバル
会場/国際通り、国道58号線久茂地交差点周辺、奥武山公園
料金/無料
お問い合わせ/那覇市観光案内所 098-868-4887

詳しくはこちら

平成25年度 首里城祭

中国皇帝が周辺諸国に使者を派遣し、皇帝の名のもとに、その国の王を任命する儀式「冊封使行列・冊封儀式」。国王・王妃行列、冊封使行列に伝統芸能行列を加え、華やかさを演出した豪華絢爛な「琉球王朝絵巻行列」。国王が首里周辺の三つのお寺を参詣する初行幸の儀式「国王御三ヶ寺参詣行列」を再現した琉球王朝祭り首里「古式行列」などが行われます。

日時/10月25日(金)~11月4日(月)
冊封使行列・冊封儀式/10月26日(土) 11:50~13:10
琉球王朝絵巻行列/10月27日(日) 12:30~14:30
琉球王朝祭り首里「古式行列」/11月3日(日) 12:50分~
会場/首里城、首里城周辺、国際通り
料金/無料
お問い合わせ/首里城祭実行委員会 098-886-6151

詳しくはこちら

第28回 全島獅子舞フェスティバル

旧暦8月15日を中心に、悪霊払い、五穀豊穣や地域の繁栄を祈願し、沖縄各地で古くから舞われてきた獅子舞を、民俗芸能として保存・継承発展すべく開催されているフェスティバル。県内各地の獅子舞の中から7団体が一堂に会し、写実性の高い舞いと獅子を披露します。

日時/10月27日(日) 18:00開演(雨天中止)
会場/うるま市安慶名闘牛場
料金/無料
お問い合わせ/うるま市教育委員会 文化課 098-973-4400

詳しくはこちら

第9回 壺屋やちむん通り祭り2013

昔と今、器と暮らし、作り手と売り手、売り手と買い手、やちむんと人と人とがつながる温かな祭を目指し、焼物のまち壺屋やちむん通りで開催される地域のイベント。壺屋焼で食べるまーさむん、無料ロクロ体験(焼成代別)、和装の方にやちむんプレゼント、壺屋まちまーい、演舞や島唄ライブなどイベント特典も盛りだくさんです。

日時/11月3日(日)・4日(月) 10:00~18:00
会場/壺屋やちむん通り、すーじ小通り
料金/無料
お問い合わせ/壺屋陶芸センターA室 098-863-2297

詳しくはこちら

第34回 壺屋陶器まつり

壺屋焼の約25の窯元が集まり、生活雑貨からシーサーまで多彩な作品を展示・販売。与えられたテーマの作品を、紅白にわかれた陶工たちがリレー式で作陶するメインイベントの「カーミスーブ」は見もの。やちむんは市価の2割引以上で販売、さらに1窯元で3,000円以上購入すると福引券がもらえます。

日時/11月21日(木)~24日(日) 10:00~19:00
会場/那覇市立壺屋小学校
料金/無料
お問い合わせ/壺屋陶器事業協同組合 098-866-3284

詳しくはこちら