ローコストキャリア(Low Cost Carrier)を利用して、格安旅を楽しみましょう!

沖縄には季節運航や地方運航を含む3社が就航。国内線ターミナル発着と、那覇空港貨物ターミナル内にあるLCC専用ターミナルでの発着があります。LCCターミナルには徒歩やタクシーでの立ち入りは不可、指定車両のみ入ることができます。指定レンタカー会社の送迎バス、または国内線ターミナル1階4番乗り場からの無料循環バス(10分間隔運行、所要5〜10分)を利用します。

とにかく安い!

とにかく運賃の安さが魅力的。早く予約した方が安くなりますが、空席状況などで料金変動があったり、キャンペーンやセールの登場があります。ネットで直接チケット手配・購入をするのも、旅の醍醐味といえそうです。

思わぬところが有料

チケットの手配・購入、預け荷物などの手配も自力で行なうので、慣れない人は面倒かも。機内食や飲料は有料、預け荷物の制限・有料化のほか、払い戻し不可、遅延・欠航が生じる場合があるので注意が必要です。

那覇空港LCCターミナルの場所にご注意!

ピーチとバニラエアが利用する那覇空港LCCターミナルまでの移動手段は、国内線ターミナルからの無料循環バス、または指定レンタカー会社の送迎車のみ。チェックインには余裕を持っての移動がオススメです。

Jetstar Japan (ジェットスタージャパン)
エコノミークラス料金のみで、オプションで預け荷物の追加や事前座席指定などができます。10kgまでの持ち込み手荷物が無料。那覇空港では国内線ターミナル発着です。
Peach Aviation (ピーチアビエーション)
預け荷物は別料金ですが最安値のハッピーピーチと、座席指定などがついたハッピーピーチプラスがあります。
Vanilla Air (バニラエア)
飲食物の機内持ち込みが自由で、預け荷物は20kgまで無料(一部除く)です。シート選択ができるコミコミバニラなど、3つの運賃タイプがあります。
[取材協力]沖縄ツーリスト 本土地区統括本部
(住)東京都港区浜松町2-8-14 2F (電)03-5408-5288 (営)9:30~18:00、土曜:~15:30 (休)日・祝日
(HP) http://www.ranrantour.jp   http://www.dynatour.jp   http://www.otsrentacar.ne.jp

アクティブ1日目

グループ旅にオススメ!

みんなでキャリア選びを楽しもう!

LCCの魅力は何と言っても価格!でも価格以外でも日本で就航している3社にはそれぞれの特徴があるので、その特徴をみんなで吟味して、どのキャリアに乗るかを決めるのも旅の楽しみのひとつ。

一人旅にオススメ!

ひとりの開放感を満喫

思いつきの行き先変更も自由。ひとりの開放感を気ままに味わいながら、好きなこと、やりたいことを楽しめるのが魅力です。万が一ミスやトラブルに遭ったときのために、女性は特に連絡手段を確保しておくことが大事。

カップルにオススメ!

ふたり一緒に格安を楽しむ

レンタカーを借りてドライブ、冒険旅行が楽しいかもしれません。格安旅行だからこそ、ふたりの知恵や冒険心を存分に発揮、フォローし合って楽しみましょう!一緒に見る海の風景、一緒に体験、おいしい感激を思い出に。

美らSUNビーチ

沖縄に着いたらすぐに海に行きたい!そんなアクティブ派におすすめなのが、空港から車でわずか15分の美しいヤシ並木が並ぶ「美らSUNビーチ」。県内最大級の全長700mの人工ビーチはハブクラゲネットが設置され、ライフガードも常駐しているので安全&安心。800台の無料駐車場をはじめ、広々シャワールームやロッカールーム、トイレも完備した気持ちの良いビーチです。水遊びに疲れたら、三角屋根の東屋でひとやすみもできます。
沖縄の白浜のビーチは日光の照り返しが強いので、過度な日焼けは厳禁!紫外線対策はバッチリと。

海で遊ぶ時の注意

簡単なマリングッズはホームセンターで調達♪

フローマットや浮き輪などのビーチアイテムはレンタルもありますが、リーズナブルに済ませたいなら、周辺のホームセンターでGET!アウトレットモールもすぐそばだから、カラフルなビーチウェアやサンダルにもTRYしてみて。

一人旅にオススメ!

瀬底大橋の真下に広がる遠浅の絶景
アンチ浜ビーチ

気ままな一人旅に絶対おすすめなのが、通称アンチ浜と呼ばれる「安地原浜(あんちばるはま)」。本部半島から瀬底大橋を渡ってすぐの小さな天然ビーチです。大きすぎない規模のビーチにひとりで気ままに過ごす…。さまざまな青のグラデーションが連なる海はかなり感動モノ。

カップルにオススメ!

サンセットがおすすめのデートスポット
アラハビーチ

イギリスの帆船が目印の安良波公園内にあるアラハビーチは、ジョギングや犬の散歩、バーベキューなどで地元の人に親しまれている人工ビーチ。夕日の絶景スポットとしても有名。ルビー色の沖縄サンセットを瞳に焼き付けて。

ター滝

南国の深い緑に包まれた大宜味村、その豊かな自然をまるごと体験できるのが「ター滝」。人工の遊歩道はなく、ヘゴやヤシが茂る原生林のなか、膝から胸ほどの深さの川を約30〜40分歩きます。途中で岩を登ったりするのでけっこう体力が必要ですが、険しい道のりを超えた先に現れるダイナミックな滝は一見の価値あり!濡れてもいい服装で滑りにくい靴を着用し、雨による増水などにも注意しましょう。トイレや更衣室も無いので各自で対策を忘れずに!

一人旅にオススメ!

山登りデビューはハイキング気分で!
石川岳

石川岳は沖縄本島中部にある標高204mの山。低山ながら3つのコースがあるので、経験や体力に合わせた本格的な山登りの楽しさが味わえる。頂上からは太平洋と東シナ海を一度に望め、登頂の達成感も大!沖縄の山の魅力を満喫しよう。

カップルにオススメ!

会話を楽しみながら仲良く登頂♪
熱田岳

「県民の森」内にある熱田岳は、標高160mでレクリーション気分で登れる小山。
散策道が整備され歩きやすく、会話や自然観察を楽しみながら登頂できる。東シナ海と本部半島を見渡す展望地を目指して、二人仲良く熱田岳へ!

高月山展望台・渡嘉志久ビーチ

慶良間諸島は那覇から船で約1時間ほどの大小20で形成される本島から近い島々。「ケラマブルー」と称される海の美しさは沖縄随一。美しいサンゴ礁に囲まれ、世界屈指の透明度を誇る美しい海のグラデーションは一見の価値あり!2014年3月には国立公園に定められました!ビーチ周辺では、ビーチパラソルやビーチマット、シュノーケルなどのレンタルもあるので、手ぶらで海遊びを楽しむことができます。アクティブに過ごしたいなら、ジェットスキーやドラゴンボートにもチャレンジしてみては。友だちと一緒に慶良間の海を満喫しよう!

一人旅にオススメ!

レンタサイクルでコンパクトに
離島を楽しむ

集落内は平坦な道が続きますが、ゆったり島巡りを楽しむなら、レンタサイクルやレンタバイクがおすすめ。また、ガイドと一緒に巡るノルディックウォーキングなら、南国の鮮やかな景色と澄んだ空気を満喫できます。

カップルにオススメ!

離島ならではの静かに過ごす
2人だけの時間を楽しんで。

ケラマブルーの海を真っ赤に染めながら沈んでいく夕日はロマンチック。高台に建つ展望台や心地よく波が打ち寄せるビーチで、静かなサンセットタイムを楽しんでみてはいかが。近くの島々はもちろん、天気が良ければ沖縄本島まで見えることも。

沖縄旅で必ず訪れたいにぎやか界隈

お土産探しするなら国際通りや牧志公設市場界隈がおすすめです。沖縄の玄関口で、県都でもある那覇市のメインストリートが国際通り。戦後の奇跡的な復興に由来して「奇跡の1マイル」の別名をもつ通りです。百貨店や飲食店のほか、お土産品店が多く並び、買い物客でいつもにぎわっています。国際通りを基点に周辺に平和通りや浮島通り、公設市場などがあり、足を伸ばすのもおすすめ。第一牧志公設市場では、1階で購入した鮮魚を、2階食堂で調理してもらえます(1グループ3品まで、調理代一人500円)。

ひしめきあうお土産品店を楽しむ

国際通りは現在「お土産通り」と呼ばれるほど、お土産品店が数多く並んでいます。沖縄限定ものや菓子類、酒類、衣料やアクセサリー、雑貨、民芸品など、バラエティ豊か。個数や予算を決めて、上手に買い物を。

一人旅にオススメ!

目的を決めていいもの探し

一人旅のお土産探しは、かわいいイラストなどインパクト大のパッケージ買いをしたり、定番のサーターアンダギーやちんすこうなど、お得感満載のいいもの探しを楽しみたいもの。自分用にお手頃なアクセもいいかも。

カップルにオススメ!

気軽なお土産を交換

あれこれ選び合いながら、家族や友だちにご当地キャラのお菓子やステーショナリーをまとめ買い。ミニシーサーやおそろいストラップなど旅の記念の特別なひとつを購入して、帰路にさりげなく渡すとポイントあがるかも。

紹介施設一覧

沖縄大学の学生が沖縄観光の魅力を紹介!学生さんに楽しんでいただける沖縄の魅力だけをまとめています!
ぜひチェックしてね!

おすすめスポットを見る