沖縄本島北西部につきだしたコブのような一帯。
美ら海水族館が有名な観光スポットだが、
大人目線で歩くと奥深い愉しみがいくらでも見つかる。
冬は広大な海にでるとクジラに出会え、
桜が咲き始める1月中旬から世界遺産今帰仁城跡をはじめ
本部半島各所で桜を愛でることができる。

本部半島エリア

クジラの雄大さに圧倒。冬の沖縄だけのアドベンチャー。

Scroll

冬の沖縄を感じる ホエールウォッチング

沖縄は国内でも高い確率でクジラに出会える場所。
ホエールウォッチングのシーズンは、1〜4月。
現れたのはザトウクジラ。
人なつっこく停まっている船に 自ら大きなカラダをよせてくる。
沖縄ではくっつくことを「たっくわり」というらしい。
自然と共生しているような臨場感が
感動をさらに高めてくれる。

生のブリーチングを直に感じたい。

ホエールウォッチングで最も期待されるのがジャンプ。ブリーチングと呼ばれるアクションだが実にバリエーションが豊富。沖縄ではシーズン中に何度も見ることができる。遭遇はオスメス2頭が基本だが、時には可愛い子クジラも顔を出し、クジラの家族に会えることもあるらしい。シーズンに1回、幻のマッコウクジラに出くわすことも。

たっぷり3時間、クジラのいる海をクルージング。

ホエールウォッチングの日はたっぷり時間をとろう。前日はしっかり睡眠、空腹で船に乗らない。万全の体調で臨みたい。ツアーは半日の時間を要するが時には出港してわずか10分でクジラを見つけることもあるそうなので期待も高まる。

こんなにクジラが近いなんて、冬の沖縄ならでは。

ザトウクジラはフレンドリーな性格で、自ら船によってくることもよくあることだとか。本部出港では最大でも4艇しかクジラに寄せられないため、間近でクジラに会える体験として一生の思い出になるはず。

沖縄アイランドクルー

那覇から高速道路に乗って一番北、許田インターで降りると、左側に大きな海が一面に広がってくる。ワクワクしながら海沿いの道を進むと、南国風のカラフルな看板と建物が。名物オーナーが自信を持って語るツアーへぜひ。

詳しくはコチラ

[旬の旨味を味わう] 潮のざわめき、風のささやきを聞きながら、人生のひとときを。

フクギ並木の備瀬に佇むレストラン。出迎えてくれるのは備瀬に惚れ込んだ女性オーナー。土地を愛しながら地元の食材をふんだんに使ったおもてなしメニューを提供してくれる。伊江島の小麦を使ったこだわりのパンケーキや本部牛のローストビーフなどがおすすめで味わいにも色彩があふれる。喧噪の過ぎた冬のフクギ並木は静かで、店内から見える海は穏やかで優しい。改めて沖縄の自然が見せる表情の広さに感嘆の声があがる。皆で過ごすこれからの時間をどう楽しむか。楽しいアイデアがどんどん生まれる。そんな場所だ。

ULTRA BLUE

お店は備瀬のフクギ並木内でも少し奥。並木と砂浜、そこで暮らしているかのように歩く途中で、ふらりと立ち寄って休みたくなる雰囲気。2階に泊まることもできるらしい。ここでは時間を忘れて過ごして欲しい。

詳しくはコチラ

[島時間に身をゆだねて休む] 心と身体をほぐす時間とロケーション。大人な過ごし方がためされる。

今帰仁村の細い道を奥に進むと突如現れるモダンな建物、ここはまるで別世界。吹き抜けのリビング、180度海に開いた大パノラマの屋上。左には伊江島が一望でき、右側は周囲を囲われた秘密のビーチがラグジュアリーな大人旅の空間を演出してくれる。遠くに行かず集落の中で一日を過ごしてみよう。自由気ままな時間を過ごしながら気心知れた仲間との会話。大人のみんな旅にこれ以上の舞台があるだろうか。

今帰仁五邸 ( なきじんごてい )

コンドミニアムのまわりは今泊集落。歴史のままの姿を保っている場所にある今帰仁五邸は開放感ある大きな窓が特徴的。屋内にいるのに、圧巻の景色を堪能できる。

詳しくはコチラ

[ここにしかない逸品を買う] 琉球ガラスは個性を映す。お気に入りを買うのも、作るのもいいな。

店内にはあふれんばかりのガラス製品。既製品の中からお気に入りを見つけるのもいいけれど、隣棟にある工場ではグラス作りの体験ができる(要予約)。みんなそれぞれに吹いたグラスは、一人ひとりの個性が垣間見え、ひとつとして同じものはない。いつまでたっても猪突猛進な彼女、ここぞって時に押しの弱いアイツ。透明なガラス細工は個性をそのままカタチにしてくれる。ガラスを吹いた本人が一番それをわかっていて、できあがりに笑みがこぼれる。みんなそれぞれに吹いたグラスは、日にちをかけて冷ますので後ほど自宅に送られるとか。グラスが届いたら、泡盛を注ぎ、沖縄話でまた盛り上がろう。旅の楽しみは帰った後も終わらない。

森のガラス館

工場にあるメインの釜は1,200度にもなるので、冬のグラス作り体験はベストなシーズン。自作グラスと他に買ったガラス製品も一緒に送れば、荷物にならず送料も一緒。

詳しくはコチラ