エスコートする冬の沖縄 ―きみの笑顔が僕を元気にしてくれる―

escort for you
Escort Plan 01 会話のいらない、絶景カフェ。 読谷お家カフェ 残波邸〈読谷村〉 読谷お家カフェ 残波邸〈読谷村〉 読谷お家カフェ 残波邸〈読谷村〉
会話のいらない、絶景カフェ。
言葉なんて要らないほどにふたりの距離は近づいていたんだね。

読谷お家カフェ 残波邸〈読谷村〉

読谷の残波岬手前の崖沿いに建つ「残波邸」。東シナ海を一望する絶景をより多くの人に楽しんでもらおうと、自宅のリビングスペースを開放し、週末と祝日限定のカフェとしてオープンしました。

まるで友人の家に招かれたように呼び鈴を押すと出迎えてくれ、玄関かららせん階段を下りていくと…、そこには吸い込まれてしまいそうな真っ青な海が広がっています。

店内どこからでも海を一望できますが、特等席は前面ガラス張りの窓側。読谷村から恩納村、名護市へと続く西海岸をはじめ、天気が良ければ伊江島を望むことも。

オーナー夫婦のあたたかなおもてなしに、時間を忘れていつまでも海を眺めていたくなるお家カフェ。2、3月頃、運が良ければ目の前の海を泳ぐザトウクジラに遭遇することもあるそうです。

くわしく見る

沖縄カフェの施設情報はこちら
Escort Plan 02 触れて知る、南国の色彩。
笑顔のきみが珊瑚染めの色彩に映えて僕には眩かった。

首里 琉染〈那覇市〉

戦後、合成染料によって復活した紅型の将来を危惧した先代染人 山岡古都氏により染色文化の発展を目的した研修所として昭和48年創立された「琉染」。

その後、数千色の植物染料の研究に携わり、紅型の染色の質の向上に大きく寄与。天然素材を使用した紅型の普及に努めつつ「沖縄らしさ」を活かした優しい風合いの染色技法「サンゴ染め」開発。太陽の光を受けて、沖縄の海を七色に輝かせる、青緑紫などの綾なす美しい海の色をそのままに再現します。サンゴ染めは多くの方々に親しまれるとともに沖縄独特の色彩の魅力を伝えています。

くわしく見る
首里 琉染〈那覇市〉 首里 琉染〈那覇市〉 首里 琉染〈那覇市〉

長山びんがた TIDAMOON〈那覇市〉 長山びんがた TIDAMOON〈那覇市〉 長山びんがた TIDAMOON〈那覇市〉
伝統工芸の奥深さを知る、紅型体験。

長山びんがた TIDAMOON〈那覇市〉

金城町石畳道の近くにある「長山びんがた TIDAMOON」は、琉球王朝時代に花開いた伝統工芸のひとつ、紅型体験ができます。

あらかじめ型おきした生地に配色する紅型体験では、コースターやエコバッグなど5つのアイテムと植物や動物など15図柄の中から選ぶことができます。

体験は初心者でも楽しめるように沖縄県工芸士が丁寧に教えてくれるので心配ご無用。お気に入りとして持ち歩きたくなるように二度ぬりやボカシなど本格的な配色をほどこすので、むらなくきれいに仕上がります。

長山びんがた工房で染め上げた紅型の手づくり雑貨をショップで販売。いずれも身につけていたくなる心和む日常づかいの雑貨です。2013年4月にはカフェを併設したショップ兼体験教室として、南城市に移転を予定しています。

くわしく見る

工芸体験の施設情報はこちら
Escort Plan 03 女性シェフならではのおもてなしで、上質ステーキを。
ふたりで食事なんて何年ぶりだろう。ちょっとだけおめかししたきみをエスコートして上質なお肉と最高の笑顔でおもてなしするね。

鉄板ステーキレストラン 碧〈那覇市〉

高級感あふれるしつらえなのに、なぜか心が落ち着くレストラン。格調高いのに堅苦しくない雰囲気を作っているのは、目の前で調理してくれる女性シェフの楽しい会話と客の心をそらさない心配り。

プロとしての技術とサービスマインドを身につけた清潔感あふれる女性シェフたちは、会話をとおしてさりげなくお客さまの好みをキャッチし、最高の状態で焼き上げてくれます。

素材の牛肉は、最高級オーストラリア牛と沖縄県産和牛を使用し、時間をかけて丁寧な下処理を施しています。そのほか上質のオリーブオイルや、ミネラル豊富な海洋深層水から造られた塩と水、新鮮な野菜など、シェフの目で厳選したこだわりの素材がテーブルに並びます。料理の質とサービスぶりが認められ、東京三越にも出店。上質な沖縄県産和牛と女性ならではのおもてなしを広めています。

くわしく見る
鉄板ステーキレストラン 碧〈那覇市〉 鉄板ステーキレストラン 碧〈那覇市〉 鉄板ステーキレストラン 碧〈那覇市〉

グルメスポットの情報はこちら
Escort Plan 04 艶やかに、鮮やかに。ふたりを彩るJAZZのナンバー。 ライブミュージックバーアンダーカレント〈那覇市〉 ライブミュージックバーアンダーカレント〈那覇市〉
艶やかに、鮮やかに。ふたりを彩るJAZZのナンバー。
異国情緒溢れる沖縄だからこその臨場感を味わう

ライブミュージックバー

アンダーカレント〈那覇市〉

昼間は、沖縄のビジネスマンであふれる那覇市久茂地。夜になるとその表情を変えるその街の真ん中にひときわ赤い看板のJAZZ BAR ライブミュージックバー アンダーカレントがあります。

オーナーの上原氏は同店で演奏も行う現役のギタリスト。2002年にオープン以来、今年で10周年を迎えた。70年代のJAZZを聞かせてくれる。店内には落ち着いた雰囲気のバーカウンターに隠れ家のようなボックス席とテーブル席が広がる。ちょっと大人の雰囲気で仲のよい夫婦連れの客も多いとのこと。本格的な音楽とカクテルでちょっと異国な沖縄の夜を楽しんでいただけます。

くわしく見る

Escort Plan 05 沖縄の「新しい」に出会えるFlagship OKINAWA

Flagship OKINAWA shop〈沖縄市〉

2009年度に沖縄県の委託を受けた共同企業体によって運営されるプロジェクト「フラッグシップ沖縄」。酒、調味料、お菓子、石けん、ガラス、陶器、漆器、染織物など、新しい沖縄のスタイルを確立する、さまざまなジャンルの「フラッグシップ商品」をサイトで紹介しています。

そんな沖縄のものづくりのすばらしい素材や質感に触れ、五感を使って鑑賞できる場所が「Flagship OKINAWA shop」。沖縄のオリジナリティに新しさを加えた、作家たちのあふれる感性に刺激を受けるリアルショップです。

ジュエリーボックスのようなパッケージ入りの「黄金金楚?(くがにちんすこう)」はリアルショップのみの販売。琉球漆芸の伝統技法に新たな発想を加えたアクセサリー「琉球VISAGE」、沖縄に古くから伝わる詩や歌を書にした「黄金言葉」の額作品など、すべてにストーリーがあり訴えかけてくるモノたちは、お気に入りとして持ち帰りたくなることでしょう。

くわしく見る
Flagship OKINAWA shop〈沖縄市〉 Flagship OKINAWA shop〈沖縄市〉 Flagship OKINAWA shop〈沖縄市〉

ショッピングの施設情報はこちら