恋の島、沖縄。Vol.7

沖縄グリーンに癒される

山で憩う

ひんやりとした風が吹く冬が去り、
南国沖縄に暖かさが戻って来ると、
さあ、外に出よう!とココロが踊りだす。
元気の出る青い海も大好きだけど、
この時期は樹々の緑に癒されたい。
木や草の香りを胸いっぱい吸い込んで、
グリーンを眺めながら美味しいもの、食べよう。

カフェこくう 写真2
カフェこくう 写真2

カフェこくう

新鮮かつ安全な地産の野菜を使用したマクロビベースの和食は、ハッとするほど美味しい。宮大工の技が光る木造建築の造りや窓からの風景も圧巻。

住所:今帰仁村字諸志2031-138 / 電話番号:0980-56-1321 / 営業時間:11:30~(日・月定休) / 料金:こくうプレート1,200円
http://miyupapa2.ti-da.net

写真1

山の茶屋
楽水 (らくすい)

天然の石灰岩が壁代わりの野性味溢れる店内。窓辺の席からは沖縄有数の環礁を望む。郷土料理の定食やベジカレーなど身体が喜ぶメニューが人気。

写真2

cafe gyutto
(カフェ ギュット)

伊江島産の全粒粉を配合した自家製麺、宮古島の雪塩入りスープとこだわりの詰まったgyuttoそばは本格的な味わい。外の緑を眺めながら寛いで。

写真3

カフェ 七色の風

緑生い茂る森の中、大きな池のほとりにある隠れ家カフェ。野菜料理の小鉢がいくつも並ぶ定食や、ベジタリアン料理のプレートランチは彩りも美しい。

島野菜を食べる

緑から元気をもらえるのは、
ココロだけじゃなくカラダも一緒。
栄養満点で味の個性が光る、
濃いグリーンの島野菜にパワーをもらおう。
食材選びにも調理法にも手を抜かない
良店の一皿を平らげたあとは、
からだの隅々にまでエネルギーが満ちる。

浮島ガーデン 写真1
浮島ガーデン 写真2

浮島ガーデン

オーガニックワインが豊富に揃う古民家レストラン。自然栽培や有機農法で育った新鮮な野菜と穀物をフレンチ・中華・イタリアンなど完全菜食で味わえる。

住所:那覇市松尾2-12-3 / 電話番号: 098-943-2100 / 営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00 / 料金:ランチメニュー 島豆腐のベジタコライス まーさんset(サラダ・デザート・ドリンク付)1,450円・サラダset (サラダ・ドリンク付)1,250円 等。ディナーメニュー 3800円コース・4800円コース(アラカルトもあります)
http://ukishima-garden.com

笑味の店 写真

 笑味の店 

「おばぁの畑の島野菜をたっぷり味わってほしい」という店主は管理栄養士の資格を保持。何種類もの野菜を使った品数豊富な定食は食べ応えも抜群。

Parlour de jujumo 写真

Parlour de jujumo
(パーラー・ド・ジュジュモ)

水を一切足さず野菜とスパイスだけで作った酵素玄米カレーが一押し。豆乳マヨがアクセントのベジバーガーは、店先のカウンターで頬張るのにぴったり。

野菜デリじゃからんだ 写真

島野菜デリじゃからんだ

色鮮やかな宮古島の無農薬野菜を中心に用い、添加物を使わず調理。ローフードやヴィーガンを採り入れた島ごはんやスイーツは、細胞も目覚める美味しさ。

森に泊まる

虫の声と葉のそよぐ音だけが響く夜。
森に泊まれば普段わたしたちが
どれほど多くの音に囲まれているかを思い知る。
静寂に包まれて眠る心地よさ、
そして、翌朝目覚めた時の爽快感たるや!
生い茂るグリーンの中で、
生まれ変わった私に会える。

やんばるロハス写真1
やんばるロハス写真2

やんばるロハス

話題のグランピングをやんばるの森で。BBQセットにハンモック、テントの中にはふかふかソファーも準備。大自然に抱かれてぐっすり眠り、迎える朝は格別。

住所:東村字慶佐次167-2ウッパマ倶楽部内 / 電話番号:0980-43-2884 / 営業時間:チェックイン16 :00〜、チェックアウト10:00 / 料金:グランピングステイ通常料金:一棟貸し1泊15,000円 / ハイシーズン料金:一棟貸し1泊25,000円(大人4名様まで)
http://yanbaru-lohas.com

Fukugi Terrace写真

Fukugi Terrace
(フクギテラス)

樹齢300年の備瀬フクギ並木に囲まれた独立型コテージ。備え付けのキッチンで島の食材を調理すれば、暮らすように沖縄ステイを楽しめる。

やんばる学びの森写真

やんばる学びの森

天然木の香り漂う室内から見えるのはヤンバルの大パノラマ!施設内ではヤンバルクイナを目にすることも。ボリューム満点の食事と五右衛門風呂も好評。

蒼蒼家(そうそうや)写真

蒼蒼家(そうそうや)

木々に囲まれた庭とオープンテラスが心地良いゲストハウス。フレッシュな野菜を使ったパスタやピザ、自家焙煎のコーヒー等が味わえる喫茶も人気。

森で遊ぶ

巨大ガジュマルにジャングルクルーズ。
スケールの大きいネイチャースポットと
アクティビティが豊富なのは、
手つかずの自然が数多く残る沖縄ならでは。
雄大な森の中に一歩足を踏み入れれば、
きっとずっと忘れられない、
神秘的な一日が始まる。

ビオスの丘写真1
ビオスの丘写真2

ビオスの丘

船頭のガイドが楽しいジャングルクルーズをはじめカヌーやSUP、水牛車での園内散策などアクティビティ満載。亜熱帯の森を遊びつくそう。

住所:うるま市石川嘉手苅961-30 / 電話番号: 098-965-3400 / 営業時間:9:00〜18:00 ※入園17:00まで / 料金:入園料 大人(中学生以上)900円、入園+乗船セット1,600円
http://www.bios-hill.co.jp

ニブチの森散策写真

ニブチの森散策

重要な湿地としてラムサール条約に登録されている森を巡るツアー。島民の暮らしと関わりの深い森で、島の歴史や文化にも触れることができる。

ガンガラーの谷写真

ガンガラーの谷

数十万年前に鍾乳洞が崩れてできた谷と森。森の賢者と讃えられる大主(ウフシュ)ガジュマルの姿に息を飲み、洞窟の中のオープンカフェで憩う。

西表島「ユツン三段の滝」写真

西表島「ユツン三段の滝」
トレッキング

ジャングルを歩くこと2時間、段状の岩肌に水が流れ落ちる滝に到着。さらに滝上までの急斜面を登り切れば、森の向こうに珊瑚礁の海が広がる絶景と出会える。